http://www.project-ring.jp

世界基金と日本のNGO
01.世界基金とは?

01-4感染症対策には、はたしていくら必要か?

 では、世界の三大感染症対策には、はたしていくらくらいの資金が必要なのでしょうか。また、世界基金が出来たことによって、そのニーズは満たされているのでしょうか。


エイズ:
 国連合同エイズ計画+米英仏政府の計算では、2007年までに、全世界で予防・啓発(HIV/エイズの存在を知らせ、予防活動を行うこと)、検査、治療、エイズ遺児や脆弱な児童のケアなどに、毎年135-155億ドル、2008年については年間220億ドル(約2兆6千億円)が必要とされています。
 2兆6千億円という金額は多額に見えますが、必ずしもそうではありません。たとえば、2005年度に日本で歯科医療に支出された金額はちょうど2兆6千億円。大阪府の年間予算は2007年度で3兆1千億円ですから、それより低くなります。また、トヨタの2006年の純利益は2兆円ですし、ソフトバンクがボーダフォンを買収したのが2兆円程度でした。こう考えると、世界のエイズ対策の資金ニーズは、世界のトップ企業数社の利益や買収費用等とあまり変わらないことになります。

結核・マラリア:
 結核・マラリア対策の資金ニーズは、エイズの5〜10分の1程度と、さらに少なくなります。世界の結核対策にかかる資金ニーズは、ストップTBパートナーシップおよびWHOの試算で毎年20億ドル(約2400億円)、マラリアにかかる資金ニーズはロール・バック・マラリア・イニシアティブとWHOの試算で29億ドル(約3500億円)にすぎません。NHKの年間予算は6000億円程度ですが、世界の結核・マラリア対策に必要な資金ニーズを全部合わせても、その額で済んでしまうことになります。

 なお、この金額の中で、途上国の国内資源でまかなえるのは年間43億ドル程度であり、残りは国際的な支援により資金供給をする必要があります。

より詳しく知りたい場合は、以下のサイトが参考になります。

● 外務省:「世界基金」コーナー
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kansen/kikin/kikin_03.html

● 世界基金日本支援委員会:
  ・「世界エイズ・結核・マラリア対策基金とは:資金状況」
   http://www.jcie.or.jp/fgfj/03-2.html#03_05
  ・「世界エイズ・結核・マラリア対策基金とは:世界基金の成果」
   http://www.jcie.or.jp/fgfj/03-2.html#03_06

Contents
Project RINGについて ‥‥ Project RINGとは?お問い合わせ・連絡先
Project RINGの活動 ‥‥ 日本のアドボカシーと『プロジェクトRING』の活動最新情報(What's New)
活動一覧(カテゴリ別)
世界基金と日本のNGO ‥‥ 世界基金とは?日本NGOと世界基金の連携日本NGOの連携事例
世界基金に関わる世界のアドボカシー ‥‥ 世界のアドボカシーアドボカシー活動団体
リンク:関連の団体や詳細情報など ‥‥ 国内の団体・情報ウェブサイトなど海外の団体・情報ウェブサイトなど
Copyright© Japan AIDS & Society Association. All Rights Reserved.